箕面市で唯一、絶対音感トレーニングを取り入れている個人ピアノ教室

箕面市彩都の西尾ピアノ教室

限りない希望は決して失ってはならない

      2016/09/12

昨日のブログでギター教室の生徒さんが銀賞(第2位)を受賞されたお話をしました。

私にとって忘れられない出来事がございます。

2002年11月に第48回九州ギターコンクールを受けました。

毎度の事ながら一次予選は通過しますが、いつも二次予選で敗退しておりました。

二次予選の前日、博多のホテルで一人泣いておりました。

と言いますのも、私はこのコンクールで予選敗退したらギターを辞める覚悟で臨んでいました。

九州ギターコンクールに挑戦するのも3回目、年齢も24歳になっており将来の道筋をきちんと立てねばならないと思っていました。

当時、某ファミリーレストランでアルバイトをしており、バイトリーダーもしておりました。

自分で言うのはあまりよく無いとは思いますが、誰よりも真面目に働いていたので、店長や課長から「社員にならないか?」と何度もオファーがありました。

私は箕面市で教室をするのが夢だったので断ってきましたが、あまりにもコンクールの二次予選で敗退してばかりだったので、この時は決意しました。

「今回、二次予選で敗退したらギタリストになる夢は諦める」

アルバイト先の店長にも宣言して、予選敗退したら社員になる事にしました。

私は最期の想いを掛けて必死に練習しました。

二次予選の前日は恐くて眠れませんでした。

私は、眠れないので父親の書斎に置いてあった一冊の本を読みました。

その本の中にこのような一文がありました。

「我々は限りある失望を受け入れなければならない。しかし限りない希望は決して失ってはならない」

この言葉はマーティン・ルーサー・キング牧師の言葉です。

私はこの言葉を何度も読み、自分に言い聞かせました。

「明日で私のギター人生は終わりかもしれない。手が壊れても良いから全力で弾こう。それで駄目なら諦めよう」

そして私の最期の挑戦が始まりました。

結果は初めて二次予選を通過し、第3位を受賞しました。

涙が出るほど嬉しかったのを覚えています。

あれから14年の歳月が経ちました。

今では100人を超える生徒さんが教室に来られ、ピアノ教室までも箕面市で開講する事が出来ました。

人生は何が起こるか分かりません。

教室に来られる生徒さん全てに感謝しつつ、そしてピアノ講師にも感謝しつつ、この言葉を今一度、思い返したいと思います。

我々は限りある失望を受け入れなければならない。しかし限りない希望は決して失ってはならない」

さて、この言葉を聞いてあなたはどうお感じになられたでしょうか。

この言葉の続きはあなた自身にあると思います。

 - ピアノ教室への想い , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

生徒さんのレッスン動画を撮影しました。

火曜日・土曜日担当の今村真眸先生のクラスの生徒さんのレッスン動画を撮影させて頂き …

西尾ピアノ教室の2017年のレッスンが始まりました。

西尾ピアノ教室の2017年のレッスンが始まりました。 金曜日の西村詔子先生、火曜 …

30年振りに使用した電子ピアノ

昨日、ピアノ講師の紹介動画や絶対音感の体験の様子を動画で公開しました。 この動画 …

M-1グランプリを優勝された銀シャリさんと共演しました。

銀シャリさん、M-1グランプリ 優勝おめでとうございます。 西尾ピアノ教室 代表 …

no image
あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 今年も西尾ピアノ教室をどうぞよろしくお願い申し …

箕面市小野原西にポスティング

今日は小野原西を中心に西尾ピアノ教室のチラシを約500枚ほどポスティングさせて頂 …

no image
ピアノ教室の発表会の意義とは

西尾ピアノ教室では毎年9月にギター教室との合同発表会を箕面市立メイプルホールで開 …

西尾ピアノ教室の周りも賑やかになっています。

西尾ピアノ教室がある箕面市外院3丁目は、新築一戸建てがドンドンと建設されています …

10月の最終週はハロウィン週間

10月はハロウィンがありますね。西尾ピアノ教室でも小さなイベントを組みたいと思い …

no image
ピアノが与えてくれるもの

過去のブログで、「ピアノを習うメリット」を書きましたが、今日は「ピアノが与えてく …