箕面市で絶対音感トレーニングを取り入れている個人ピアノ教室

箕面市彩都の西尾ピアノ教室

先生の想い

先生の想い 西村 詔子

omoi私は「お稽古ごとというものは、子供時代だけでなく、大人になっても、そして老人になっても続けていくものよ」と言われて育ちました
ですので、子供の頃はなんとなく親に言われるがまま続けていた感じでした。
私の周りにも、プロになるわけではない人も、大人になっても練習をし、レッスンに通い、お稽古を続けている方が沢山いらっしゃいました。

とある巨匠と呼ばれる方に、若い演奏家の方が「先生のようにはなるには、どうやったらいいでのですか?」と質問された事への答えが、「私は楽しくずーっと続けてきただけだから、あなたもそうすればいいかもしれませんね」でした。
継続は力なり。正に楽器のお稽古はその一言に尽きると思います。
やればやっただけ上手になれて、上達すればやりたい事も増えて来ます。

私がレッスンで心掛けている事、それは、「音楽を好きになってもらう事」そして「出来る限り長く続けて行けるように、楽しいレッスンをする事」です。
楽しいと思えれば練習もはかどりますし、長く続けたいと思っていただけると思います。

楽器の中には、音を出す事自体が難しいものもありますが、ピアノは鍵盤を押さえれば音が鳴り、非常に簡単に音楽を奏でる事が出来る楽器です。

少しずつお稽古を積んで、ご自身のの弾きたい曲をどんどん弾いていけるよう、私も微力ながら尽力致します。

先生の想い 佐野良太

0218efccfa565d4d2ee80984bd2a639e-448x600生徒様が、いつまでもピアノが好きで続けられる楽しいレッスンをすること
これが私のレッスンのモットーです。

これはおひとりおひとりの目的・目標に合わせたオーダーメイドレッスンで、
幼児リトミック〜コンクール出場、音高音大受験、大人の方のためのピアノのレッスンなどです。

これだけではありません。
目の前の曲を、スラスラ弾けることだけが、“ピアノを楽しむこと”ではないと思います。

現在の文科省が決めた、義務教育の音楽科目の成績評価科目には、「身体表現」や「創作」というものがあります。

これは、音楽を聴いて拍子や曲想を感じ取ったり、旋律(メロディー)を作曲し、それに和音付をしたりするなど、全部ピアノを弾く事につながり、音楽を豊かに楽しむことにつながります。

難しいお話しになりましたが、いろいろな方向から音楽を学び・親しみ・楽しんでいただけるように、毎週のレッスンが楽しみなものになるよう、全力を尽くします!!

先生の想い 今村真眸

楽しい時、嬉しい時はもちろんのこと辛い時、悲しい時、どんな感情の時でも音楽は心にパワーを与えてくれるものです。
大人だけでなく子供も多くのストレスを抱えて生きている今の時代、ピアノを弾くことでリラックスして、曲を仕上げる事で自信を持って、
ピアノを通して強い人間に成長してほしいと願っています。

先生の想い 長谷川知里

omoi

ピアノが弾けると
「すごい!!かっこいい!!」と
ほとんどの人が言ってくれます。

それはなぜでしょう?
ピアノは、10本の指と、時には足もそれぞれに動かすという、難しいことをしているのです。しかも楽譜も見ながら…!普通の人は出来ませんから、憧れの目で見てくれるのです。

しかし、レッスンを始めると、このことが出来るようになるのです!!
それは大きな自信となり、何より美しい音楽を演奏することが楽しくてたまらなくなります。

ただピアノはレッスンに来るだけでは上手くなれません…日々のお家での練習が絶対に必要なんです。
レッスンが楽しくても、練習が嫌になることだって時にはあります。正直、私にだってあります笑

でも、コツコツ頑張れば必ず乗り越えられ、大きな達成感を得られるということを知ります。その経験は生徒さんのかけがえのない財産になるのです。

発表会を終えた生徒さんは皆さんこう言います。
「大変だったけど、頑張ってよかった!楽しかった!」
そして、さらに難しい曲にキラキラした目で挑戦していくのです。
ひとまわりもふたまわりも成長された姿に、私はいつも感動をもらいます。

もちろん、大人の方も大歓迎です!
ピアノに向き合う時間は、日常から離れられ癒しとなるでしょう。

学生の方、音楽系の大学生の方、ピアノ伴奏で悩んでおられませんか?
私自身が演奏活動をしているからこそ、お伝え出来ることがあります。

ぜひピアノ、音楽のある生活を…
皆さまのご要望にお応えいたします♪

先生の想い 鈴木香理

1人1人の個性を伸ばすレッスンを心がけております。
生徒さんひとりひとりに合わせたレッスンを第一に考えております。
ピアノを通して楽しく豊かな人生が送れるようになって頂ければと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

公開日:
最終更新日:2017/02/09