箕面市で唯一、絶対音感トレーニングを取り入れている個人ピアノ教室

箕面市の西尾ピアノ教室

箕面市で唯一、絶対音感トレーニングを導入しているピアノ教室

      2018/10/06

箕面市で唯一、絶対音感トレーニングを導入しているピアノ教室は西尾ピアノ教室だけです。

絶対音感とは聞こえてきた音を基準音無しに「ラ」とか「ソ♭」とか言い当てられる事を指します。

絶対音感が身につくと、音楽の仕組みが分かります。テレビから聞こえた音楽をすぐに理解し、すぐさまピアノで弾いたり、楽譜に書く事が出来ます。

このように、絶対音感を身に付けると音楽をやる上で非常に有利になります。もちろん他の楽器の上達も早いです。

絶対音感トレーニングの実際のレッスンは2分から3分くらいです。色の付いた旗を持って頂き、色と同じ和音が聞こえたら旗を上げて頂きます。そう、単音ではなく、和音でトレーニングして頂きます。

単音では絶対音感は身につきません。和音の響きを脳が覚えないと音の高さを判別出来ません。

旗の色と音は統一します。西尾ピアノ教室ではドミソの和音を赤色にしました。

旗は最初は1つから始めます。しかも最初の1カ月は旗は1つだけです。2カ月目で2つ。3ヶ月目で3つ、、、という風にピアノの白鍵全ての音を正しく言えるまで9ヶ月掛かります。

体が成長途中にある小さなお子様は、脳や耳も成長途中にあります。この成長途中の時に正しいトレーニングをすると絶対音感が身につきます。

正しい絶対音感トレーニングが出来るのは箕面市で唯一、西尾ピアノ教室だけです。

きちんと正しいプログラムに沿ったトレーニングを受講しないと絶対音感は身につきません。

全てのお子様がトレーニングを受講したら絶対音感が身につくとは断言出来ませんが、高い確率で絶対音感が身につきます。

絶対音感が身につく条件は2つあります。

一つ目は、トレーニング開始時期が6歳半まででありこと。

脳や耳が発達を終えるのはおよそ7歳と言われています。その間にトレーニングしないと絶対音感は身につきません。9歳以上では不可能です。

二つ目は、相対音感が身に付いていないこと。

以上、上記の2点の条件に当てはまるお子様のみ絶対音感トレーニングを受講出来ます。

一つでも当てはまらないお子様は大変申し訳ありませんが、絶対音感トレーニングは受講出来ません。予めご了承くださいませ。

相対音感と絶対音感は全く別の音感だと理解して下さい。何となく感覚で音が当てれるのは相対音感です。

絶対音感の絶対とは、唯一、必ず当てれる音感です。

本物の絶対音感トレーニングを箕面市で提供させて頂きたいと思います。

無料体験レッスンのご予約、お待ちしております。今すぐお電話下さい。 072-727-6699

 - ピアノ教室への想い

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
ピアノ教室の選び方

私は様々な音楽教室で働いてきました。今までに合計で8教室で働いてきました。そして …

10月の最終週はハロウィン週間

10月はハロウィンがありますね。西尾ピアノ教室でも小さなイベントを組みたいと思い …

これからの西尾ピアノ教室

今日は箕面市議会議員の先生の市政報告会に参加しました。 箕面市でピアノ教室を主宰 …

ピアノ上達のコツ

ピアノに関わらず何事にも上達するにはコツがあります。効果的な練習をしないと絶対に …

箕面市 西尾ピアノ教室のグランドピアノ

  

来年度の春募集のチラシが完成しました。

来年度の春募集でポスティングさせて頂く西尾ピアノ教室のチラシが完成しました。 今 …

音楽が持つ力

   5/22〜5/24まで、氷室京介さんのコンサートで東京まで行っておりました …

開講から一ヶ月を迎えて

箕面市の西尾ピアノ教室は7月1日に開講しました。 早いもので開講から一ヶ月が経ち …

ピアノを習うと音楽の授業がよく分かります。

小学校で習う音楽の授業では主に歌、鍵盤ハーモニカ (ピアニカ) 、そしてリコーダ …

no image
ピアノ教室への想い

私がピアノを始めたのはちょうど小学校一年生の時でした。 近所に住むピアノの先生の …