箕面市で唯一、絶対音感トレーニングを取り入れている個人ピアノ教室

箕面市の西尾ピアノ教室

教則本はバーナムのピアノテクニック 導入を使用しています。

   

西尾ピアノ教室では、初めてピアノを弾くお子様にはほとんどの講師がバーナムのピアノテクニックの導入書を使っています。

上記の画像は生徒さんのYちゃんからお借りしたバーナムです。担当講師は西村詔子先生です。

バーナムさんは本名を、エドナ・メイ・バーナムと言います。決してエド・はるみではございません(笑)

アメリカ人であったバーナムは、1907年に生まれて2007年に他界されました。御歳99歳まで、しかもつい最近まで生きておられたのですね。ちなみにバーナムさんはこんな方です。↓


彼女のピアノレッスンに対する功績は本当に素晴らしく、今では世界各国のピアノ講師がこのバーナムの教則本を使用しています。


この教則本の特徴は、

  1. 一曲一曲が非常に短い。
  2. ユーモアがある。
  3. 基礎的なテクニックが身につく。
  4. 分かりやすい。
  5. 表現力が身につく。

だと思います。それでは実際に1番を見てみましょう。


第1番 「歩こう」

あたかも歩いているかのような曲ですね。これならピアノが初めてのお子様でも充分に弾けると思います。


第4番 「ジャンプしよう」

スタッカートで音を短く切り、その後に四分休符が出てきており、あたかもジャンプしているように聞こえますね。


第6番 「深呼吸」

ドミソの和音を付点二分音符で三拍伸ばします。あたかも深呼吸しているようですね。


第9番と第10番 「片足とび」

片手でスタッカートの練習になります。


第12番 「元気いっぱい さぁ弾こう」

12番までのまとめみたいですね。


このブログで全てはご紹介出来ませんが、非常にユニークな教則本です。単純なイラストも可愛らしいと思います。

バーナムの1番良い所は一曲一曲が本当に短く、モチベーションが下がらずに基礎的なテクニックを身に付ける事が出来る事にあると思います。

箕面市の西尾ピアノ教室ではバーナムのピアノテクニックを取り入れて、講師が丁寧にレッスンをさせて頂きます。

ちなみに上記の画像の赤ペンは西村詔子が記入されたものです。

西村詔子先生は西尾ピアノ教室の主任講師です。開講当初からおられるベテランの講師です。

今日はバーナムのピアノテクニックについてご説明させて頂きました。

西尾ピアノ教室で使用している他の教材もご紹介したいと思います。

 - ピアノレッスン ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

あなたのお子さんがピアノレッスンを受講するメリット

小さなお子様の習い事として、常に人気のある習い事と言えば、やはりピアノは上位に来 …

no image
箕面市でピアノ教室をお探しのお母様へ③

   前回に引き続き、3「どんなレッスンをしてくれるか」をお …

秋募集に向けて準備しております。

 お陰様で西尾ピアノ教室は開講から一ヶ月が経とうとしておりますが順調にお問い合わ …

ツェルニーの練習曲

ピアノを習う上で重要な事の一つに、どの作曲家の練習曲を演奏するかという事は考える …

春に向けて、好評レッスン中です。

新年早々、体験レッスンもありまして箕面市の西尾ピアノ教室は賑わいを見せています。 …

ハロウィンパーティー

西尾ピアノ教室では10月の最終週にお越しの生徒さんにハロウィンパーティーの一環と …

土曜日のハロウィンレッスン

こんにちは😊 西尾ピアノ教室、土曜午後担当講師の今村佳奈です。 …

箕面市の西尾ピアノ教室開講しました

ついに箕面市の西尾ピアノ教室が開講しました。 1日目の本日は、金曜日担当の主任講 …

開講から8ヶ月で生徒さんが29名になりました。

本日、火曜日担当の今村真眸先生のクラスにお二人のお子様がご入会されました。 本当 …

なぜ最初はクラシックからなのか

ピアノレッスンが始まるまでまだ日数がございますので、今日は音楽のジャンルについて …